MBAシェアハウス つたわる企画書の作り方

企画趣旨

takano

せっかく作った企画書やプレゼン用の資料が

読みづらかったり、見づらかったり、

いまひとつ伝わりづらいと悩んだことはございませんか?

かといって、わざわざデザイナーにお願いするだけの予算も時間もない…

そこで、グラフィックデザイナーの高野顕史が

10年に渡るデザイナー業で培ったノウハウをまとめて、

デザイナーの観点から見た、つたわる企画書の作り方をお教えいたします。

開催概要

■日時:3月17日(木)19:30〜21:00

■場所:TOKYO SHARE MBA ICHIGAYA

■定員:12名

■参加費用: 5,000円

■内容

つたわる企画書を作るための基本的な考え方(前半)

 ●コンセプトを決めよう

 ●コンセプトを決めるときのルール

 ●世の中にある良い例、悪い例

 ●注意すべきポイント

つたわる企画書を作るための基本的なテクニック(後半)

 ●つたわる企画書にするために守るべきポイント

■持ち物

筆記用具

■その他

参加された方には、このセミナー内容をまとめた

約40ページの冊子をプレゼントいたします。

講師略歴

講師:高野顕史

グラフィックデザイナー

1982年 静岡県浜松市生まれ

2006年 東京造形大学デザイン学科卒業

デザイン制作会社に勤務ののち、2011年に独立し、えすぱぁデザイン設立

2012年には料理教室 半熟キッチンを設立

書籍や雑誌、ポスター、パッケージ、キャラクターデザインなど多岐に渡って活躍中

アルメータ株式会社
TEL: 03-6313-4077
Email: info@almater.co.jp